Ds Casa

ロゴ画像

エドワーディアン

格調高き英国コンサバトリーの雄(キング)。
四角形の内部形状はスペースを幅広く使え、家具や調度品、植物など、空間を最大限に利用できます。

エドワーディアン

コンサバトリーとは

コンサバトリーとは、元々ガラスで囲まれた温室のことをいいます。語源はConserve(保存)に由来し、18世紀頃に南欧から持ち帰ったフルーツの保存場所として建てられたのが始まりと言われています。イギリスでは植物のための温室として発展し、やがて生活空間の中に取り入れられるようになりました。サンルームよりもガーデンルームよりも庭にはり出した住空間を重視しているのが特徴で、ガラス越しに太陽光をたっぷりと取り入れます。屋外と屋内の中間的な空間で、植物に囲まれながら食事やくつろぎのスペースとして活用されます。

コンサバトリーの歴史

コンサバトリーの原点は、数世紀前の英国貴族が所有した、植物や果実を保存・栽培するための温室に始まります。その後、建築技術や建材の発展に伴い、温室から居住空間へと進化していきました。時代背景に沿った様々な建築デザインを取り入れ、室内や庭では得られない非日常的な空間として親しまれるようになりました。太陽・雨・草花などの自然を近くに感じることができる一方、機能性に優れ、お洒落を楽しむことができるコンサバトリーは、感性豊かな暮らしの一助となっています。200年経った今でも愛され続ける理由がここにあります。

17世紀頃から南方より持ち帰った珍しい植物や柑橘類等を保存する為の温室が始まりです。18世紀頃には、貴族達の間で富の象徴としてエキゾチックな花や植物を守り育てるスペースとしてコンサバトリーを所有する事が流行しました。その後、建築技術や建材の発達に伴い、グリーンハウスから、開放的な居住空間であるコンサバトリーへと進化してゆきますが、英国の伝統あるデザインには王朝時代の名称が付けられています。
『200年以上にわたり英国文化に培われたコンサバトリーは、花や草木と親しみ、庭園という空間を居室に居ながらもっと近くに感じたい、という園芸大国ならではの感性が創り育てたもの。素材が時代とともに進化しながらも、伝統的スタイルが、その歴史を伝えています。』

快適な室内環境

一日または年間を通して、少しでもコンサバトリーを長く快適にお過ごし頂くためには、太陽の光・熱と動きを考慮に入れて、室内環境をより快適な空間になるように十分検討することが重要です。ダーウィンシリーズは、先進技術により、より快適な空間を維持するために生まれた換気機能と、快適性を追求した素材やオプションをご用意しております。これが「クライメイトコントロール」です。

設置場所に応じた素材(ガラス・ポリカ)の選択

コンサバトリーの重要な選択のひとつである屋根素材には、ガラスとポリカーボネイトがあります。
太陽光を多く取り入れたい場合や、雨音や騒音が気になる場合はガラス屋根をお勧めします。屋根ガラスは24mmの強化ペアガラスを使用していますが、遮熱率や光透過率など、場所に最適なガラスをお選びいただけます。夏は涼しく冬は暖かい、掃除が楽な「セルフスクリーン(自然浄化ガラス)」など最新の機能ガラスもご用意いたしました。
素材に使用している強化ガラスは、面の衝撃に強いガラスです。万が一の破損の場合でも小さな粒状に割れ、安全ガラスとして採用されています。さらに飛散防止のフィルムを中間膜として挟み込んだ「合わせペアガラス(国産)」の選択も可能となりました。

■ ガラス
屋根:24mm厚(4-16-4)
側面:28mm厚(4-20-4)

用途に応じたガラスの選択が可能

●強化ペア(英国製)
 ・セルフスクリーン(自然浄化)ガラス 《ブルー・ナチュラル・グリーン》
 ・熱吸ガラス 《ブルー・ブロンズ・グレイ/クリア》
 ・クリアガラス
●合わせ強化ペアガラス(国産)
 ・熱吸強化5mm 《グリーン》 + A13 + クリアフロート合わせ
  (3mm + ラミネート +3mm)
※長方形のみになります。

■ ポリカーボネイト

25mm厚のポリカーボネイトは、ガラスより安価で太陽光に強く(紫外線約98%カット)、しかも板ガラスの200倍の強度があり、マルチウォール構造はさらに強度と遮熱性が高いのが特徴です。性能の違う5種類をご用意しており、特に南側に設置する場合は、太陽光95%遮り、しかも部屋を暗くしすぎないソーラーガードはお勧めです。

各種ブラインド

太陽光を抑えたい場合は、インテリア性が高いコンサバトリー専用オプション・各種ブラインドも合わせてご利用いただけます。

開閉操作:フック棒/簡易引掛け式
生地:ポリエステル100%

※標準仕様では天窓部分にブラインドは付きません。

開閉操作:プルコード式
生地:グラスファイバー(防炎性能試験登録済み)
※標準仕様では天窓部分にブラインドは付きません。

側面べネシャンブラインド
開閉操作:ポール式

断熱コートで室内への熱の侵入を減少。

側面ローマンシェード
開閉操作;チェーン式
生地:ポリエステル100%
※屋根用タープブラインド生地と合わせられます。

■インナー装飾

ファシアセレクトボード
屋根の梁材(ビーム)の室内側に装着できる装飾です。帯状の装飾は伝統的な4種類のデザインからお選びいただけます。木目カラーはタペストリーとチューダーの2タイプのみになります。

ドアハンドル&サッシハンドル

英国スタンダードのストレートタイプ。クローム・ホワイト・ブラック・真鍮の4色からお選びいただけます。

デザインバー

ペアガラスの中間に組み込まれるので、バーが汚れることはありません。コンサバトリーをより個性的にエレガントに仕上げてくれます。

■フレームカラー仕上げ

基本のホワイトフレームの他、木目を施した9種類のカラー樹脂シートを熱処理して圧着したカラーフレームをお選びいただき、お住まいの外観に合わせることができます。
※製品加工上、一部部材は塗装もしくはブラウン・ブラックの樹脂カラーになり、木目ラッピングシートの色合いとは異なる場合がございます。
また、日当たりの強い場所では多少の色褪せや、熱膨張、熱収縮による部材の変形が起こる場合がございます。
なお、フレームカラーは制作に時間がかかりますため、納期は4~5ヶ月となります。

COPYRIGHT2014 © Daiwa Planning Co.,Ltd. All RightsReserved.